この記事のタイトルとURLをコピーする

【スコア100】サーバーをConoHa WINGに変更して良かった点とイマイチな点🚀🙆‍♂️🙅‍♂️

モバイルのスコア


※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

パソコンのスコア


※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

PageSpeed Insights で自分のブログをチェックしたら、なんとビックリ『100』が出ました。

学校のテストもスピードスコアも100点満点はすごくうれしいです。

※上記スコアは2020年1月現在のものです(100が出ないときもあります)。
※計測時期によって変動している可能性があります。

 

このスコアは、僕が ConoHa WING のサブドメインで運営している『ろんぶりブック』のスコアです。

Cocoon の練習用につくりました。(トップページのデザインだけ完成させて、個別ページの中身はありません)

 

ちなみに、キャッシュプラグインを使わずに Cocoon の『テーマ高速化のみ』でこのスコアです。

ConoHa WING × Cocoon の組み合わせは高速!

 

こちらの記事では、

をコンパクトにまとめました。

 

以前はエックスサーバーを使用していましたが、ConoHa WING に変更して大満足です。

 

ほかにも、AFFINGER を使用しているブログのスコアも一緒にご紹介しています。

全部のブログへのリンクを貼ってありますので、実際の速度をチェックできます

 

確認してみて ConoHa WING が良さそうなだと思われたら、ぜひ選んでください。

何度もサーバーを変更するのは大変ですし、速いサーバーを選んでおいて損はありません

(遅いサーバーを選んだら損しかありません…)

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

ConoHa WING に変更してちょっとイマイチだった点

ConoHa WING に変更してちょっとイマイチだった点は次の2つです。

  • サポートメールの回答が平日のみ
  • キャッシュクリアが少し面倒くさい

 

サポートメールの回答が平日のみ

ConoHa WINGエックスサーバー
電話平日10:00~18:00平日10:00~18:00
メール平日10:00~18:00 ※1受付時間24時間365日
チャット平日10:00~18:00なし

※1 メールの問い合わせは24時間受付

 

ConoHa WING とエックスサーバーのサポート内容を比較しました。

メールの問い合わせに対して、『土日でも回答してくれるかどうか』が違います。

 

  • ConoHa WING:平日しかメールの回答がもらえない
  • エックスサーバー:土日でもメールの回答がもらえる(通常24時間以内の対応)

 

ConoHa WING

メールサポートは平日10:00~18:00(問い合わせは24時間受付)です。

土日にメールの回答をもらうことはできません

エックスサーバー

メールサポートは24時間365日受付で、通常24時間以内に対応してくれます。

土日でもメールの回答がもらえます

ただし、問い合わせをした時間帯や内容によっては回答がもらえないこともあります。

 

以前の話ですが、土曜日に ConoHa WING へ問い合わせをしたとき回答が月曜日だったのでちょっと困りました。

エックスサーバーは何度か問い合わせをしていますが、いつも早く回答してくれます。

 

キャッシュクリアが少し面倒くさい

僕の WordPress 使用環境に限定した話ですが、キャッシュクリアが少し面倒くさいです。

 

プラグインのキャッシュクリア

 

僕のメインブログでは、キャッシュプラグイン『WP Fastest Cache Premium』を使用しています。

いつもキャッシュクリアをするときは、上の写真の赤枠部分を押しています。

 

ただ、このキャッシュクリアだとうまくいかないときがあるんです。

そのときは、次のサーバー側でキャッシュクリアをしています。

これが少し面倒くさいです…。

 

サーバーのキャッシュクリア

 

ConoHa WING の管理画面に入って、上の写真にあるキャッシュクリアをしています。

これをするとだいたいうまくいきます。

 

あまり詳しいことはわかりませんが、この現象はサーバーが ConoHa WING で『WP Fastest Cache Premium』を使っているブログだけで起きます…。

エックスサーバーで『WP Fastest Cache Premium』を使っているブログでは何も問題ないです。

 

ほかにも、僕のサブドメインではキャッシュプラグイン『W3 Total Cache』を使っていますが、こちらでもキャッシュクリアが問題になることはありません。

原因はよくわかりません…。

 

この症状は、あくまで僕の WordPress 使用環境での話です。

一般的にこうなるというわけではありません

 

サーバー側でキャッシュクリアすれば解決するので、個人的に少し面倒くさいかなという感じです。

このほかにイマイチかなと感じていることはありません。

ConoHa WING は使いやすくて速くて快適なサーバーです。

 

サポートに確認してみた

キャッシュクリアが気になったのでサポートに聞いてみました。

とってもうれしい情報があります。

 

WordPressの管理画面からもクリアできるようになる機能を検討中とのことです。

 

※2020年3月3日にプラグインが提供されました(下に追記しました)。

 

時期は未定ですが、サーバーにログインしなくても、WordPress の管理画面から簡単にキャッシュクリアができるようになります!

まさに『かゆいところに手が届く』ようなありがたいアップデートです。

ConoHa WING がますます使いやすくなります。

 

 

2020年3月3日提供開始

 

コントロールパネルにログインしなくても WordPress の管理画面上で ConoHa WINGサーバー に関する設定が行えるようになります。

 

(1)コントロールパネルプラグイン
ConoHa WINGサーバーの、Webに関する以下の設定を行う事ができます。
- キャッシュ設定
- WAF設定
- WordPressセキュリティ設定
- Webフォント設定

(2)自動キャッシュクリアプラグイン
WordPressの記事を投稿した際、ConoHa WINGサーバー上のコンテンツキャッシュを⾃動でクリアします。

 

引用元:ConoHa

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

ConoHa WING に変更してすごく良かった点

ConoHa WING に変更してすごく良かった点は次の3つです。

  • 高速
  • 管理画面が操作しやすい
  • サブドメインの追加が楽チン

 

高速

ConoHa WING で運営しているブログはどれも高速です。

表示速度でモッサリ感じることが少なく、ストレスなくパパっと切り替わります。

 

スコアも良好体感速度も速い

「スピードスコアがどうしても改善されない…」と悩んでいる方は、ConoHa WING を選んでみるのも1つです。

 

参考に、ConoHa WING で AFFINGER を使用している僕のほかのブログの PageSpeed Insights のスコアを調べました。

まずまず良いスコアが出ました(Cocoon の方が速いです)。

 

AFFINGER のスコア

ろんぶり

モバイル

パソコン

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

参考 ろんぶり

 

ろんぶりライフ

モバイル

パソコン

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

参考 ろんぶりライフ

 

ろんぶりスポーツ

モバイル

パソコン

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

参考 ろんぶりスポーツ

 

モバイルパソコン
ろんぶり8397
ろんぶりライフ8394
ろんぶりスポーツ8396
ろんぶりブック96100

※上記スコアは2020年1月現在のものです。
※計測時期によって変動している可能性があります。

 

参考 ろんぶり

参考 ろんぶりライフ

参考 ろんぶりスポーツ

参考 ろんぶりブック  ※高速

 

高速)①ろんぶりブック > ②ろんぶりライフ、ろんぶりスポーツ > ③ろんぶり

 

それぞれのブログへのリンクが貼ってありますので、実際の速度をチェックできます

Cocoon の『ろんぶりブック』が僕のブログの中では高速です。

(『ろんぶりブック』はトップページのデザインだけ完成させて、個別ページの中身はありません)

 

管理画面が操作しやすい

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

上の写真は ConoHa WING の管理画面です。

シンプルでスッキリしているので、見やすくて分かりやすいです。

 

感覚的に使えます

操作方法がよくわからないときも「何となくここかな?」という感じでクリックしていくと正解だったりします。

最初に行う基本設定も迷うことなくスムーズにできました。

 

わかりやすい管理画面は結構重要なことです。

サーバーの設定をするときに、「あれ、コレどうするんだろう?」という感じでイチイチ調べていたら時間がもったいないですよね。

 

少しでも無駄な時間を減らして、記事を書いたり、情報を集めたりする時間に集中するべきです。

ConoHa WING の管理画面はパッと見てわかりやすいのでスムーズに使えます。

 

WordPress のインストールも簡単

マニュアルを見ながら進めれば、初心者の方でもそれほど悩まずに設定できるはずです。

 

公式サイトのマニュアルのリンクを貼っておきますので、WordPressをインストールされるときはチェックしてください。

 

参考 (公式)WordPressのインストール方法

 

エックスサーバーの管理画面

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

上の写真はエックスサーバーの管理画面です。

ConoHa WING の管理画面と比べるとゴチャゴチャしている印象があります。

 

ConoHa WING とは見た目の印象が大きく異なります。

  • ConoHa WING はスタイリッシュな管理画面
  • エックスサーバーは全網羅型の管理画面

 

エックスサーバーの管理画面が使いにくいというわけではありません。

普通に使いやすいです。

今も別のブログでエックスサーバーを使っていますがサクッと使えています。

 

サブドメインの追加が楽チン

※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

僕のブログは、メインブログと一緒にサブドメインも合わせて使用しています。

サブドメインのメリットはドメイン代の節約です。

SEO的なメリットは正直よくわかりません…。

 

僕はもともと『雑記ブログ』でスタートしていましたが、途中から複数のカテゴリーを切り離してサブドメインに移行しました。

現在、メインブログには『ユニクロ関係』だけを集中させています。

 

ConoHa WING でサブドメインを追加する方法は楽チンでした。

 

初めてサブドメインを設定するときは、公式サイトのマニュアルを見ながら進めました。

設定する前は少し不安でしたが、管理画面を数回クリックするだけで追加できたので、あまりに簡単すぎて驚いたくらいです。

 

現在5つのサブドメインを設定していますが、2回目以降は迷うことなくパパっと設定しています。

 

公式サイトのマニュアルのリンクを貼っておきますので、サブドメインを追加されるときはチェックしてください。

 

参考 (公式)サブドメインの追加方法

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

Twitter での口コミ・評判

サーバーを ConoHa WING に変更された方の口コミ・評判を Twitter で調べました。

速度が速くなり、スコアも改善されたようです。

 

「はや!!」ってなります

 

体感で3分の1かそれ以上速くなった!!

 

PageSpeed Insightsでモバイル「93」

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

ConoHa WING の料金

通常プラン

(出典:ConoHa) ※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

ConoHa WING の料金体系は大きくわけて3つあります。

※ 2020年1月21日に新プラン『WINGパック』が追加され、『通常』と『WINGパック』の2種類になりました。
※ WINGパックについては後ほどご紹介します。

 

通常プラン

  1. ベーシック(1か月最大1,200円
  2. スタンダード(1か月最大2,400円
  3. プレミアム(1か月最大4,800円

 

新プラン『WINGパック』が追加

2020年1月21日、 ConoHa WING に新プラン『WINGパック』が追加されました。

参考 (公式)WINGパック

 

WINGパックはレンタルサーバーと無料独自ドメインがセットになったお得な長期利用割引プランとなります。

引用元:ConoHa

 

無料独自ドメインがセットになっています。

 

料金がお得になって、さらに無料独自ドメインがセットになったプランです。

2年、3年と長期間になればなるほど料金もどんどん安くなります(かなりお得です)。

 

新プラン|WINGパック(1年契約)

(出典:ConoHa) ※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

WINGパック(1年契約)

  1. ベーシック(1か月900円
  2. スタンダード(1か月1,950円
  3. プレミアム(1か月3,900円

 

エックスサーバーの料金と比較

ConoHa WING の『ベーシック』、エックスサーバーの『wpX Speed』と『X10(1年契約)』の料金を比較します。

『wpX Speed』は、エックスサーバーが2019年9月24日に開始した新プランです。

 

初期費用月額料金
ConoHa WING(WINGパック:1年契約)なし900円
ConoHa WING(通常)なし1,200円
wpX Speedなし1,200円
X10(1年契約)3,000円1,000円

※ 比較しやすいように『WINGパック』と『X10』は1年契約の料金にしています。

 

料金は ConoHa WING の新プラン『WINGパック』が一番安いです。

2年契約だと『850円』3年契約だと『800円』とさらに安くなります

 

ConoHa WING は後述する『リザーブドプラン』を選んだ場合は、通常プランだと『1,500円』です(少し高くなります)。

新プラン『WINGパック』で『リザーブドプラン』を選ぶと『1,200円』です(wpX Speed と同額)。

 

リザーブドプランについて

(出典:ConoHa) ※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

リザーブドプランとは

収容ホストの負荷が上昇しても、パフォーマンスが変動せずに安定稼動できるプランです。

レンタルサーバーの手軽さはそのままで、CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられているため、 他のユーザーの利用状況に影響されず常に安定した環境をお使いいただけます。

 

引用元:ConoHa

 

基本プランのほかに、『リザーブドプラン』という追加のオプション的なものがあります。

簡単に言うと、サーバーが混んできても遅くなりにくいプランです。

 

リザーブドプランを選択すると、ほんの少し高くなります。

 

通常プラン

  1. ベーシック(1か月最大1,500円
  2. スタンダード(1か月最大3,000円
  3. プレミアム(1か月最大6,000円

 

WINGパック(1年契約)

  1. ベーシック(1か月1,200円
  2. スタンダード(1か月2,550円
  3. プレミアム(1か月5,100円

 

ちなみに、僕はベーシックのリザーブドプラン(通常)にしています(月額最大1,500円)。

現在まで何の問題もなく快適に使えています。

 

個人的な意見としては、せっかく ConoHa WING を使うならリザーブドプランにした方がいいです。

通常プランのベーシックなら『wpX Speed』との差額は『300円』だけですし、それでサーバーのパフォーマンスが安定するなら十分に選ぶ価値はあります。

WINGパック(1年契約)なら同じ1,200円です。

 

そのほかに、現在の使用状況を確認するために、僕のサーバーの『リソース状況』もチェックしました。

CPUは『15%前後』、メモリは『25%前後』とまだまだ余裕があります。

 

リソース状況|CPU


※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

リソース状況|メモリ


※パソコンでご覧の方はクリックすると拡大します。

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

エックスサーバーから ConoHa WING に変更するときに利用したサービス

サーバー移行は失敗が許されません。

失敗したら目の前が真っ暗になるどころか、パソコンの画面が真っ白になります…。

 

僕は絶対に失敗したくなかったので、専門家のノビタさんに全部まるっとお願いしました。

自分でやることは何もなく、とっても楽チンでした(設定に必要な最低限の情報は伝える必要があります)。

スケジュールを調整して、あとは寝て起きたらサーバー移行が完了

 

詳しい内容は次の記事に書かれていますので、「自分でサーバー移行をするのは不安だな」と思われている方はチェックしてください。

ConoHa WING の中の人に聞いた『ウラ話』も書かれていますし、サーバーのスペックなどの基本的なところもわかります。

 

参考 レンタルサーバー最速『ConoHa WING』の評判は?中の人に色々聞いてきた【当サイト限定特典アリ】

 

ダウンタイムなしです。

 

サーバー移行中にサイトが見れなくなったりしません(ここは重要です)。

 

料金(WordPress 1つにつき)

  • 4,980円(税別):ノビタさんのサイトから ConoHa WING を申し込んだ場合
  • 9,980円(税別):上記以外の場合

 

ほかにも、ConoHa WING の公式『移行代行サービス』もあります。

 

公式の移行代行サービス

  • 基本料金:6,980円
  • オプション料金:SSL設置済みサイトの移行 3,000円
  • オプション料金:非SSLサイトのSSL設定 4,000円

 

参考 (公式)WordPress 移行代行

 

過去の苦い経験(失敗談)

僕が自分でサーバー移行をしなかったのは、過去に一度失敗してパニックになったことがあるからです。

サーバー移行ではありませんが、ブログのカスタマイズをしているときに『.htaccess設定』の記述を失敗して、ブログが真っ白になったことがあります…。

 

そのときは WordPress の管理画面にも入れなくなって、ものすごく焦りました(泣きました)。

まず何をしたらいいのかわからず、ひたすらオロオロして部屋の中を歩き回ること約30分…。

 

このにがい経験があったので(もう二度と経験したくないです)、サーバー移行をプロにお願いしたわけです。

 

万が一のときに自分でリカバリーできるなら自分でやる。

ほんの少しでも不安があったら専門家に任せたほうが絶対安心です。

途中で失敗して「やっぱり自分でやるんじゃなかった…」と後悔しても、まさに『後の祭りあとのまつり』です。

 

参考 レンタルサーバー最速『ConoHa WING』の評判は?中の人に色々聞いてきた【当サイト限定特典アリ】

 

ConoHa WING は料金と速度のバランスが秀逸

ConoHa WING は『料金』と『速度』のバランスが 秀逸しゅういつ なサーバーです。

お手頃価格で、スピードスコアが良くて、体感速度も速い!

 

そして、2020年1月21日に追加された新プラン『WINGパック』はかなりお得です。

月額料金が安くなって、さらに『独自ドメイン』がセットになっています。

 

毎月1,000円前後でスピードを優先するなら、 ConoHa WING を選んでおけば間違いありません。

ConoHa WING を選んで快適なブログ生活をおくりましょう。

 

\ 初期費用が無料 /

WINGパックは2020年コスパ最強!

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする


-ブログ関係

Copyright© ろんぶりライフ , 2020 All Rights Reserved.