生活に役立つ情報を紹介しているブログ

ろんぶりライフ

この記事のタイトルとURLをコピーする

便利・役に立つ情報 生活・くらし

脂肪1キロは超デカい|大きさをイメージすればダイエットは失敗しない

更新日:

 

 

ダイエットをして1キロやせるとすごくうれしいです。

1キロ落とすのは意外とたいへんです。

ところで、がんばって落とした1キロの脂肪の大きさがどのくらいあるのかご存知ですか?

結構大きいんです。

おそらく今イメージしているものよりも2倍くらい大きくてビックリするはずです。

というわけで、

『脂肪1キロは超デカい|大きさをイメージすればダイエットは失敗しない』

をご紹介します。

関連 寝る前の60秒の簡単トレーニングで腹筋が割れた




脂肪1キロの大きさ

脂肪1キロの大きさ(13×27cm)のイラスト

脂肪1キロのイラスト

脂肪1キロの大きさは『横27cm×縦13cm』もあります。

片手だと簡単につかみにくいサイズです。

イメージしやすいように、身近な物で大きさをみてましょう。

  1. 500mlのペットボトル × 2本
  2. 乳酸菌飲料(ヤクルト) × 3.5本

①+②の大きさが脂肪1キロと同じなんです。

イラストだけだと分かりにくいと思うので、『脂肪1キロの模型』で大きさを確認してみましょう。

あ、冗談じゃなくてそういう脂肪の模型があるんです。

ちょっとリアルでこわいです。

でもこの脂肪が僕たちの体の中にあるんですよね…。

そう考えたら、食べ過ぎることにちょっと罪悪感を感じませんか?

せっかくの機会なのでダイエットについて調べてみました。

コンパクトにまとめていますので、ぜひご一緒にどうぞ。


ダイエットの基本について具体的に考えていきます。

基本を理解しているかどうかで、ダイエットの結果が違ってくるはずです。

ダイエットの基本

ダイエットの基本はとてもシンプルです。

摂取カロリー < 消費カロリー

消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば太りません。

「そんなの分かってるよ」と僕も思いますがなかなか難しいです…。

摂取カロリーを減らすダイエット

摂取・・カロリーを減らす・・・代表的なダイエットは『炭水化物ダイエット』です。

『摂取カロリーを減らす』とは、食べたり、飲んだりするカロリーを少なくすることです。

たとえばよく言われる『炭水化物ダイエット』は、ご飯やパンなどの炭水化物をとらないダイエット方法です。

  1. 炭水化物
  2. たんぱく質
  3. 脂質

3大栄養素はダイエットに直接関係があります。

栄養をとらなければ当然やせます。やせるというか体を壊してしまいます。

炭水化物ダイエットは僕も試してみましたが、個人的にあまりオススメできないダイエット方法かなと感じました。

無理なダイエットは体に負担がかかるので、なるべく自然なダイエットが望ましいです。

消費カロリーを増やすダイエット

ランニングをしている女性

消費・・カロリーを増やす・・・代表的なダイエットは『運動』です。

『消費カロリーを増やす』とは、頭や体を動かしてたくさんカロリーを使うことです。

体を動かす運動はカロリーを使います。

運動にもいろいろな種類がありますよね。

  • ウォーキングやジョギング
  • ランニング
  • テニス
  • 水泳
  • ジムでトレーニング

しかし、これらの運動も簡単にはカロリーを消費できません。

すぐにカロリーは消費できませんが、運動を続けていると筋肉が増える(大きくなる)というメリットがあります。

筋肉の量が増えることで基礎代謝が高くなるんです。

そして基礎代謝が高くなると、カロリーが消費されやすくなります。

結果として、やせやすくて太りにくい理想の体が手に入ります。

なんかズルいですよね。同じ『から揚げ定食』を食べても太りにくいんですよ。

僕はカリッとサクッとジュワッとした『鳥のから揚げ』が大好きなので、筋トレがんばります。

から揚げを食べないという選択肢は僕にはありません。

横になってゴロゴロしてばかりいないで、毎日がんばって運動します。

ジムでトレーニングをしている様子

ジムでトレーニングをしている様子

脂肪1キロを落とすのに必要なカロリー

脂肪1キロは約7200kcal消費すれば落ちます。

7200kcalはかなり大変な数字です。

少し視点をかえて男性と女性が1日にとるカロリーをみてみましょう。

ざっくりした平均は次のとおりです。

  • 男性 → 約2300~2500kcal
  • 女性 → 約1800~2000kcal

ただし、上の平均摂取カロリーは年齢や仕事の内容で違ってくるので1つの目安です。

建築現場で働く男性はもっとたくさんカロリーをとるでしょうし、
デスクワークをしている女性はもっとカロリーが少ないことも当然あります。

もう一度、1キロの脂肪のカロリーに話をもどします。

1キロの脂肪を落とすために必要なカロリーが『7200kcal』ということだから、男性が1日にとる平均カロリーを『2400kcal』と考えて3日間食べなければいいのかな??

なんてことを考えるのは絶対によくありません。

確かに計算上では『7200kcal』になりますが、これは食べていないだけです。

カロリーを消費したというより、単純にカロリーをとっていません。

健康に悪いだけですから絶対にやめましょう。

1か月で脂肪1キロを減らすための具体例

ランニングをする前にシューズのヒモを結んでいる様子

1か月で脂肪1キロを落とすための具体例を考えてみます。

まず、脂肪1キロを落とすために必要な『7200kcal』を1か月(30日)で割ってみます

そうすると1日に必要な消費カロリーが計算できます。

7200kcal÷30日=240kcal(1日)

240kcal消費を30日つづければOKです。

1日に240kcalだったらなんとかできそうですよね。

  • 240kcalを食べるのをひかえる
  • 240kcalを運動で燃やす

このどちらかで足ります。

無理なダイエットではなく、自然なダイエット方法をオススメします。

1日あたり240kcalを『食事でひかえる』or『運動で消費する』でOK

注意ポイント

  • この計算はあくまで1日の食事からとるカロリーをとりすぎないという前提です。
  • 食事やおやつを食べ過ぎてカロリーを取りすぎたら意味がないので気をつけてください。

240kcalを食事でイメージ

食事で240kcalをイメージすると次のとおりです。

  • ご飯1杯(150グラム)
  • 食パン1.5枚(6枚切)
  • ビールのロング缶1本(500ml)

これらがだいたい240kcalです。

ご飯1杯をいきなりなくすのは厳しいですよね。

3食それぞれのご飯を少しずつ減らす方法がおすすめです。

3回に分けて少しずつならできそうですよね。

240kcalを運動でイメージ

運動で240kcalをイメージすると次のとおりです。

  • ウォーキング|約50~90分
  • ジョギング |約30~60分

ウォーキングとジョギングで240kcalを消費するのは結構たいへんです。

少し時間の差がありますが、歩き方や走り方が軽かったり激しかったりでかわってきます。

あくまでおおよその参考としての数字になります。

1時間と考えてしまうと、「むむ?」と思ってしまいますよね。

でも、音楽を聞きながらとか、友達と一緒に話しながらなら楽しくできると思いませんか。




1か月1キロのダイエットは遅くない

1か月で1キロのダイエットが遅いでしょうか。

僕はそうは思いません。

確かに1か月で5キロやせたらうれしいです。

でもその5キロを落とすために、どれだけ自分を追い込む必要があったのでしょうか。

たとえば1か月で5キロ落としたのに、翌月に4キロもリバウンドしてしまったらどうでしょう。

せっかく自分を追い込んで、必死にがんばった努力が消えてしまいます…。

  • 1か月1キロダイエットを2か月続けたら2キロ落ちます。
  • 5か月続けたら5キロです。

無理してドカッとやせるより、気持ちに余裕をもって少しずつやせる方が精神的にラクです。

大事なことは続けることですよね。

脂肪の大きさをイメージしてダイエットを成功へ

ダイエットはとってもたいへんです。

でも1キロの脂肪の大きさをイメージすれば、「ホントにあんなに大きいの?」と思ってやる気が出てきます。

実際に1キロやせたら体の変化がすごそうですよね。

あの手のひらより大きい脂肪のかたまりが体からなくなるわけですから。

『横27cm×縦13cm』ですよ。

ダイエットがしんどくなったら、この脂肪の大きさをイメージして「コノヤロー」と思ってみるのも気分転換になります。

脂肪の大きさのイメージがあるだけで意識が違ってくるはずです。

あせらずコツコツがんばりましょう。

『脂肪1キロは超デカい|大きさをイメージすればダイエットは失敗しない』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事のタイトルとURLをコピーする


人気記事

1

  洋服を選ぶときに『素材』を意識して選んでいますか? そうです。綿とかウールとかポリエステルなどが素材です。   素材ごとの特徴を知っていると毎日を快適にすごすことができます。 ...

2

  【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】   本を処分するときは意外と困ることが多いです。 とくに大量の本を処分するときはものすごく困ります。 しかも、数十冊単 ...

3

    ダイエットをして1キロやせるとすごくうれしいです。 1キロ落とすのは意外とたいへんです。 ところで、がんばって落とした1キロの脂肪の大きさがどのくらいあるのかご存知ですか? ...

4

  靴を履いているときに横幅がキツかったりしませんか? シューズ選びって難しいですよね。なかなかサイズがピッタリと合いません…。   先日、ヒマラヤスポーツで最新の足型測定(無料) ...

5

  寒いときはコーヒーが冷めやすいです。 僕はコーヒーが好きなんですが、いつも気がつくとヌルくなって困っていました。   そこで新しく真空断熱マグカップを探すことに。 真空断熱マグ ...

-便利・役に立つ情報, 生活・くらし
-

Copyright© ろんぶりライフ , 2019 All Rights Reserved.