この記事のタイトルとURLをコピーする

バッグのファスナーが壊れて引き手が紛失|マジックミシンで簡単修理

ファスナーの台座の一部が折れて壊れている状態

 

上の写真のようにバッグのファスナーの引き手ひきて』が行方不明に…。

正確に言うと、ファスナーの台座の金属部分が折れて壊れたので、引き手が落ちてどこかに行きました。

 

引き手はファスナーを動かすときに指でつまんで引っ張るところです。

 

あまり詳しいことはわかりませんが、台座が壊れていなければ『FMチェンジャー』というパーツで交換ができるようです。

 

今回はファスナーが派手に壊れていたので、自分で修理するのは無理だろうと思いネットで調べました。

その結果マジックミシンで修理をしてくれることが分かり、お店に行って無事に復活。

 

こちらの記事では『修理する前』と『修理した後』のビフォー・アフターをご紹介しています。

意外なアイデアで簡単に修理できて良かったです。

 

関連  マジックミシンでジーンズの裾上げ|料金と時間

意外なアイデアで壊れたファスナーが復活

ファスナーの台座の一部が折れて壊れている状態

ビフォー(修理する前)

マジックミシンでファスナーの台座の穴に持ち手の輪っかを引っ掛けて修理が完成

アフター(修理した後)

マジックミシンの方と相談した結果、今ある台座をそのまま使って簡易的に修理することにしました。

本格的に修理するなら「ファスナー全部をはずして新品のもの取り替える方法」があります。

ただし、それだと『時間とお金がかかる』とのことだったので今回はやめました。

 

意外なアイデア

ファスナーの台座を修理するときに使った穴のアップ

小さな穴

上の写真にある『小さな穴』をそのまま利用するというアイデアです。

これならファスナーをはずす必要がありません。

 

みごと復活

マジックミシンでファスナーの台座の穴に持ち手の輪っかを引っ掛けて修理が完成

ファスナーが復活

上の写真のように、小さな穴に新しい引き手を引っかけてみごと復活です。

壊れたファスナーを『そのまま再利用する』という意外なアイデアのおかげでした。

 

新しい引き手は『金属』から『布』に変わったので、雰囲気もガラッとイメチェンです。

金属のシャープでカチッとした印象から、布のふわっと優しい印象になりました。

 

最初は見慣れていなかったので少し違和感がありましたが、今はとても気に入っています。

無事にファスナーがなおって本当に良かったです。

 

公式 マジックミシン

 

ファスナーの修理料金

今回のファスナーの修理料金は1,000円(税別)でした。

実は最初はちょっとだけ高いかなと思っていました…。

ですが『アイデア料』も含めての金額だと思えば納得の金額です。

 

僕の頭の中では『ファスナーをはずして交換する』とばかり思っていたので、穴を再利用するアイデアにはビックリしました。

結果的にエコな修理方法になったので良かったです。

 

金具を特注する選択肢もあった

『ファスナーの金具を工場に特注する』という選択肢もありました。

店員さんに聞いたところ「お金と時間がかかる」とのことだったので、悩んだ結果やめました。

 

目次にもどる



ファスナーの引き手だけならパーツ交換可能

ファスナーの引き手部分だけの交換なら意外と簡単にできるみたいです。

引き手の部分だけをネットで売っています。

今回修理した僕のバッグも台座が欠けて壊れていなければ、引き手だけの交換で修理できたかもしれません。

 

簡単リペアでオンリーワンのバッグが完成

マジックミシンで修理してもらったバッグ

自分だけのたった1つのバッグ

最初にファスナーが壊れていたことに気がついたときは「はあーなんで」というくらい驚きました。

お気に入りの大事なバッグだったのでかなり落ち込みました…。

 

無事になおってくれて本当に良かったです。

同じタイプのバッグはたくさんあふれていますが、今回の修理(リペア)でオンリーワンのバッグに生まれかわりました。

このバッグはこの世にたった1つしかありません。

 

おかげでバッグへの愛着がさらに強くなりました。

まだまだ使えますから、このバッグと一緒にいろいろなところに遊びに行きます。

 

公式 マジックミシン

 

関連  マジックミシンでジーンズの裾上げ|料金と時間

 

この記事のタイトルとURLをコピーする


-便利・役に立つ情報, 生活・くらし

Copyright© ろんぶりライフ , 2020 All Rights Reserved.